COMMUNE コワーキングデイ 4.6 sat 〜空港の街・泉佐野&古民家コワーキングでワーケーション体験!〜

2024年3月19日

このイベントは、Beyond the Communityさん主催「Coworking Day 2024」の4月開催にあたります。
関西空港のお膝元・大阪泉佐野市にある築100年の古民家をリノベーションしたコワーキングスペースでのワークスタイルと地域のライフスタイルを体験できるイベントを企画しました!

当日はCOMMUNEスタッフによる講座や地域交流を含めた体験プログラムを予定しております。初めて泉州・泉佐野に来られる方、ぜひこの機会にご参加ください!
※各プログラム参加はすべて任意ですので、あくまでコワーキングタイムのみの利用もOKです!

開催概要

2024年4月6日(土)
会場 コワーキング&シェアオフィスCOMMUNE(大阪府泉佐野市大西1-17-4)
(最寄駅:南海本線泉佐野駅早歩き6分・りんくうタウン駅徒歩20分)
アクセスページはこちら

data:image/gif;base64,R0lGODlhAQABAAAAACH5BAEKAAEALAAAAAABAAEAAAICTAEAOw==

コワーキングタイム

8:45~18:00
ドロップイン:1000円

ランチタイム

12:00~13:00
ランチ代:500円

交流会

19:00~21:00
会費:2000円(ドリンク・軽食付き)

プログラム(任意参加・一部予約制)

10:00〜10:45
COMMUNE活動紹介/はじめてのクラウドファンディング入門(渡辺葉一)

11:00〜12:00
パーソナルプロファイリングから導き出すあなたのトリセツ1ページ目(くん・事前予約)

12:00〜13:00
ランチタイム

13:30〜15:00
ブラアヤカ〜泉佐野の暮らしと文化を体験する街歩き〜(あやか・事前予約)

16:00~17:00
スウェーデン留学中の大学生・Kyokoと話そう!(Kyoko)

19:00〜21:00 交流会

※コワーキングタイムの参加は事前予約不要ですが、当日プログラムやランチ、交流会のご参加は人数把握のため事前のフォーム申し込みにご協力お願いします。

プログラム紹介

10:00〜10:45 COMMUNE活動紹介/はじめてのクラウドファンディング入門(渡辺葉一)

①4月で2周年を迎える古民家コワーキングスペースCOMMUNEのストーリーと活動をご紹介!
②単なる資金調達の手段じゃない!?クラウドファンディングの基礎と大事なポイントと魅力をCAMPFIRE公式パートナーが教えます!

11:00〜12:00 パーソナルプロファイリングから導き出すあなたのトリセツ1ページ目(くん)

パーソナルプロファイリングを通して自分のものさしに気付くことで、大切な人とのコミュニケーションを円滑に!自己理解を深めたい方にオススメです。
パーソナルプロファイリングPPFとは
東洋哲学や天文学を用いた統計学をもとにコミュニケーションと自己実現に特化して今村園子氏が3万人のデータを元に作られたメソッドです。

13:30〜15:00 ブラアヤカ〜泉佐野の暮らしと文化を体験する街歩き〜(あやか)

泉佐野市地域通訳案内士協会会長のあやかが泉佐野の暮らしや文化を体験できる街歩きをガイドします!
特産である水ナス漬け屋さん、泉州タオル工場の見学体験も予定しています。

16:00~17:00 スウェーデン留学中の大学生・Kyokoと話そう!(Kyoko)

COMMUNEの大学生スタッフで現在スウェーデンに留学中のKyokoと現地で感じたこと、学んだことなどいろいろなテーマでお話ししましょう!

当日プログラム参加フォーム

拠点紹介(4月ホスト開催場所)

コワーキング&シェアオフィスCOMMUNE
関西空港の玄関口・泉佐野駅から早歩き6分。COMMUNEは築100年の古民家をリノベーションしたコワーキングスペースです。

利用する人たちにとって居心地の良い場所(居場所、コミュニティ)、時代にあった多様な働き方が快適にできる(職)の拠点、そして人とつながることで地域での暮らしを豊かにする(住)という、居・職・住の拠点を目指しています。

Coworking Day 2024 in Hirakata 3/15開催

2024年3月14日

枚方市内のコワーキングスペースを周ろう!

2024年3月15日 (金) に、枚方コワーキングネットワーク主催『Coworking Day 2024 in Hirakata』が開催されます!(※3/7 追記あり)

こんな人におすすめ!

・コワーキングスペースを利用してみたい方
・コワーキングスペースを運営されている・運営をしてみたい方
・コワーキングスペースに興味がある方

Beyond the Communityさん主催「Coworking Day 2024」の3月開催は枚方!

このイベントは、Beyond the Communityさん主催「Coworking Day 2024」の3月開催にあたります。
2023年12月14日に開催された「コワーキング大忘年会2023」にて、毎月コワーキング関係者がどこかのコワーキングスペースで集まってコワーキングしよう!という企画が決まりました。

そして、2024年3月は枚方のコワーキングスペースが協力して『Coworking Day 2024 in Hirakata』を開催します!

開催場所は、北から「ひらぷら」「ビィーゴ」「HOOP!」「テイク・ラボ」です。

この日は、コワーキング運営者枚方コワーキングスタンプラリー参加者ドロップイン無料
受付でその旨をお伝えください。

枚方コワーキングスタンプラリー参加者には、枚方コワーキングネットワークステッカーをプレゼント!また、4箇所のスタンプを集めて当日18時からビィーゴで開催される枚方コワーキングネットワーク交流会に参加すると特別なプレゼントも!

スタンプラリーの台紙は各スペースで当日配布予定!
下のボタンから台紙をダウンロードして、ご自身で印刷していただいてもOKです!

スタンプラリーの台紙をダウンロード(A4サイズ)

当日は様々な企画もご用意!

(追記)それぞれのコワーキングスペースを巡るツアー敢行!

枚方コワーキングネットワーク加入店舗全4カ所のコワーキングスペースを一挙に巡るツアーを敢行!京阪電車 光善寺駅にて10:00現地集合❗️

当日はビィーゴ コミュニティマネージャーのアサカワミトが皆様をご案内します!

各スペースの運営者がお待ちしています!

もちろん、ご自身で好きな場所に行くのもOK!!
各スペースの運営者が下記の時間はお待ちしておりますので、ぜひ遊びに来てください!

  • ビィーゴ 10:00~18:00
  • テイク・ラボ 10:00〜15:00
  • ひらプラ 13:00〜17:00
  • HOOP! 8:00〜17:00

18時からは枚方コワーキングネットワーク交流会!

当日の18時からはビィーゴのキッチンスペースにて、枚方コワーキングネットワーク交流会を開催します!
予約不要・参加費無料・途中入退室可・ご飯は持ち込みです。ぜひこちらもご参加ください!

主催者紹介

枚方コワーキングネットワーク

枚方コワーキングネットワーク公式Xはこちら

コワーキングスペース ビィーゴ

ビィーゴ公式サイトはこちら

ファブスペース・コワーキングスペース テイク・ラボ

テイク・ラボ公式サイトはこちら

ひらかた社協ふくしプラットフォーム ひらプラ

ひらプラの詳細はこちら

コミュニティ&コワーキング HOOP!

HOOP!公式サイトはこちら

Coworking Day 2024 in Hirakata 開催概要

[開催日] 2024年3月15日(金)
[時間]各スペースの運営者対応時間
・ビィーゴ 10:00~18:00
・テイク・ラボ 10:00〜15:00
・ひらプラ 13:00〜17:00
・HOOP! 8:00〜17:00
枚方コワーキングネットワーク交流会 18:00~20:00@ビィーゴキッチンスペース
[場所] ビィーゴ / テイク・ラボ / ひらプラ / HOOP!
[定員] なし
[参加費(税込)] 無料 
[対象年齢] 無し
[持ち物・服装(必須・推奨)] 交流会は食事持ち寄り
[予約] 不要


※ビィーゴで開催されるイベントは、駐車券割引サービス取り扱い対象外です。

コワーキングデイ「オフィキャンで仕事してそのあとみんなで飲もうさ」

2024年2月3日

開催概要

2024年2月7日(火)

コワーキングタイム

8:45~19:00
ドロップイン:1000円

ランチタイム

12:30~13:30
ランチ代:500円

飲み会

19:00~22:30 (ほとんどの人は終電23時)
会費:3000円(お酒は持参がオススメ)

場所

OFFICE CAMPUS
兵庫県三田市三田町17-11
JR三田駅、神戸電鉄三田本町駅、どちらも駅から徒歩10分

コワーキングタイム

普通にみなさん仕事しに来ましょー!

奥の部屋は静かなので黙々作業できまっせ

ですが私はせっかくなのでミーティングしまくりたいと思います。しかもクローズドではなくオープンで

大テーブルでは仕事しつつ喋りつつ

一応メンバーを決めてますが、飛び入りで参加してもらえることを願っているので、興味ある人は一緒にミーティングしましょう!

カウンターエリアでミーティングしましょ

10:00~
コワーキング業界の情報発信について考える

コワーキングが価値あるものだと多くの人に知ってもらうために、コワーキングスペースの利用者を増やすために、メディア露出を増やしていくことが必要です。

ここではコワーキングスペース「COMMUNE」を運営し、地域事業者の広報・プロジェクト支援業を行う渡辺葉一氏と一緒に、コワーキングがもっとメディア露出していくためにはどういった方法があるのかを探っていきます。

14:00~
コワーキング業界に必要なイベントについて考える

コワーキング運営者やその他の業界の方々にコワーキングの可能性を感じてもらうためや、行政や企業に働きかけるためにインパクトのあるイベントを仕掛けることはコワーキング業界にとって必要です。

ここでは「コワーキングフォーラム」を率いてきた森澤 友和氏と向井 布弥氏と一緒に今後のイベントの可能性について探っていきます

15:30~
「コワーキングデイ2024」について考える

昨年末の忘年会で告知してから始まった「コワーキングデイ2024」。各スペース自発的に企画を考えてくださり毎月がワクワクです。ですがあれからなにもすり合わせもしていないので、ゆるりと各地開催の進捗共有や相談の時間を作ろうと思います!

株式会社AnyWhere斉藤 晴久氏にもお越しいただき、「コワーキングデイ2024」とTeamPlaceとの連携についても話を進めていきます。

17:00~
地域✕コワーキングと兵庫のコワーキングのこれからを考える

ここは兵庫県三田市のオフィキャン開催らしく、ローカルな話をさせていただければと思います。コワーキング✕地域は可能性にあふれるものSowelu岩田 かなみ氏と神戸市イノベーション専門官の織田 尭氏と一緒に兵庫県のコワーキングについて探っていきます。

ランチタイム

※ケチャップが飛ぶかもしれないので白服は注意

お昼はオフィキャン名物、スタッフのオッキーがつくる「オッキーナポリタン」を用意いたします!丁寧じっくり炒めたケチャップソースは声を上げるほどの美味しさ!

飲み会

オフィキャンオリジナルメニューの提供

オフィキャンでレシピ開発をしている「背脂にんにく豚汁」「炙り豚焼き」の豚料理をメインに数種類の料理を用意いたします!

料理担当:オフィキャンスタッフのじゅんやオッキー

お酒は缶ビールだけ用意しますが数が限られるので持参がオススメ。

日本で初めて造られたビールの復刻版「幸民麦酒」の試飲

日本人で初めてビール醸造に取り組んだとされる、幕末の蘭学者「川本幸民」のふるさとは兵庫県三田市。その川本幸民が』作った日本初のビールを復刻した「幸民麦酒」を用意いたしますのでぜひお試しください。

beershop.jp https://beershop.jp/SHOP/95422.html

三田市の地酒 岡村酒造「純米大吟醸三福田」

岡村酒造場は創業明治22年、130年近く酒造りを続けている三田市の唯一の酒造です。。三田の恵まれた自然の中で育まれた米、水を使用し、その土地で当主自ら醸す酒は、こくがあり味わい深い。ぜひ一度ご賞味ください。

後藤パネルがオフィキャンに登場!

尾道へ取りに行ってきました!

参加者一覧(掲載OKの方のみ)

合計12人+1枚(2024年2月3日現在)

渡辺葉一(COMMUNE)/浦上絢加(COMMUNE)/織田 尭(神戸市)/深山 美緒(GRANDSLAM)/入江 真太郎(一般社団法人日本ワーケーション協会)/斉藤 晴久(株式会社AnyWhere)/岩田かなみ(Sowelu)/森澤友和(The DECK)/向井 布弥(The DECK)/前川 怜輝(BE-EN)/本田万美子(TABIPPO学生支部)/なかたあかね(mocco加古川)/後藤 峻(等身大パネル)

オフィキャンスタッフ

古家良和/杉原 潤弥(じゅんやさん)/川越 皐生(おっきー)

参加申込み

コワーキングデイ キックオフイベント日本初のコワーキングスペース「カフーツ」で祝う「110の日」

2024年1月10日

1月10日は「カフーツ」に集まってコワーキング!「カフーツ」は2010年5月15日に神戸に開業した日本で最初のコワーキングスペース!記念すべき第一回目にふさわしい場所!2024年のコワーキング初めにぜひ集まりましょう!

企画しておきながら、運営者の体力が持つか心配な感じになっておりますが(苦笑)。もちろん参加離脱自由ですので、空き時間に立ち寄る感じで、お気軽に〜。

なんか長時間イベントかと惑わされますが(笑)基本は、営業時間内の好きな時間にコワーキングしに来ていただく日ですからね!(笑)それできる人は参加をポチッと。すきま時間に新年の挨拶がてらお会いしましょー!!

開催概要

日時

第1部:深夜コワーキング

2024年1月9日(火)23時〜1月10日(水)6時

第2部:110の日の出&えべっさん詣で

2024年1月10日(水)6時30分〜8時ごろ

第3部・第4部:生配信番組&間借りコワーキング

2024年1月10日(水)13時〜20時

場所

(第1部・第3部・第4部)カフーツ
(地図→https://goo.gl/maps/H3Bj14pdqqrZtKkQ6 )
(第2部)カフーツ集合→110の日の出:ハーバーランド高浜岸壁→えべっさん:柳原蛭子神社

参加費

(第1部) 1,100円
(第2部)無料
(第3部・第4部)2時間まで550円・それ以降1,100円

予定コンテンツ

第1部「110の日カウントダウン深夜コワーキング(カフーツ深夜コワーキングVol.2)」

9日23時から集まって→10日0時のカウントダウン!510の日に負けないくらい110の日を特別にしよう!
(LIVE配信あり)
※なお9日20時から9日23時ちょっと前までカフーツは一時的にクローズしてますので、参加される方は23時ギリギリくらいにお越しください。

第2部「伊藤さんと行く深夜コワーキング後の初日の出とコワーキング繁盛を願う十日戎」

日本初のコワーキングを立ち上げた伊藤さんと、7時6分48秒に深夜コワーキング後の110の日の出を見たあと、柳原蛭子神社(柳原のえべっさん)でコワーキング繁盛を祈願。縁起良すぎ!110の日の出のみの参加希望は朝6時ごろにカフーツ集合で!
※えべっさん後13時まではフリータイムとなります

第3部:1時間10分の配信番組「祝!110の日!はたして本当に1時間10分で終わるのかスペシャル」

放送日時:午後1時10分~午後2時20分(終了予定)
コワーキング界の猛獣使い(=MC)山﨑謙がいただいた110の日のお祝いコメントをラジオ番組風に紹介する生配信番組。今回の一番のコアタイム!大集合して観覧・視聴しましょう!

※番組へのメッセージはリアルタイムでもいいですが、事前にお送りいただくこともできます。また配信番組出たい方も以下のフォームからお送りください。
https://forms.gle/GtEX6roFBVRGYrJq9

第4部:現地&リモート開催「110の日記念!みんなで間借り?間狩り?乗っ取り?コワーキング」

放送終了後はコワーキングタイム!カフーツは「間借りコワーキング」発祥の地!みんなで間借りしてコワーキングしよう!各自仕事をしながらの間に「カフーツの可能性」「世界にウケる日本のコワーキング文化づくり」などについて話しましょう! 

開催の様子

コワーキングフォーラム関西2022in京都を開催しました

2022年8月9日

イベントページはこちら
https://open.kyoto/calendar/6011/

2022年8月9日世界コワーキングデイに京都のKOINで開催しました。
当日のレポートはこちら

コワーキングフォーラム関西2022 in京都 〜変化する働き方!コワーキングの本質とワーケーションのその先とは?〜|8/9開催イベントレポート

もっと当日の様子を知りたい方はこちら(動画)

コワーキングフォーラム関西2020を開催しました

2020年2月27日

イベントページ
https://peraichi.com/landing_pages/view/coworkingforum2020/

コワーキングフォーラム関西2020について
関西のコワーキングスペース・シェアオフィス・インキュベーション施設運営者と協力企業が連携し、起業やパラレルキャリア・企業人のテレワークなど、「多様な働き方」を紹介することを目的に開催するフォーラムです。

2020年2月7日に開催されました。
開催レポートはこちら
人と人がつながり、あらたな価値が生まれる場をつくろう。「コワーキングフォーラム関西2020」イベントレポート

第8回関西Beyond the Community開催レポート

2019年11月18日

第8回関西Beyond the Community開催レポート

2019年11月18日に開催した第8回目の会も大盛況となりました。「コワーキングフォーラム関西2020」と「コワーキングチケット@関西」2つのプロジェクトについてグループディスカッションを行いました。参加者は35名でした。本イベントは、公的機関や大学のご関係者様、関西を拠点にしたコワーキングスペース等を運営されているオーナー様・ご担当者様が一堂に集まり、情報交換をし、課題を共に考え、発信し、新しいアイデアで起業家(利用者)を支えるコンテンツを創出することを目的に開催しています。

Beyond the Community・・・いったん自らのコミュニティや企業概念をブレイクスルーして再構築・新結合という意味を含みながら「コミュニティの垣根を越えて連携する」というメッセージが込められた任意団体名

(1)有機的なコミュニケーション (2)治外法権的フィジビリ  (3)セミクローズドな関係
をコンセプトに、それぞれ違う機関・企業で同じ立場に置かれている同士がセッションを通して、新しいプロジェクトや連携のあり方を模索し、価値を生み出していくコミュニティです。

■本コミュニティイベント概要
①各機関・各社それぞれの情報共有・課題提起→課題解決
②ここでつながってプロジェクト化
③起業を志す人や、利用者を支援する連携を作る
 施設利用者の役に立ち、利用者を増やす(市場を取り合うのではなく市場を広げる活動を行う)

■第8回イベント詳細
・日時→2019年11月18日(月)本会は18:00~19:30
・会場→GVH OSAKA (住所:大阪府大阪市北区大深町3番1号グランフロント大阪北館タワーC 7階)
・テーマ→プロジェクト進捗共有と参加者全員で役割分担
自己紹介、産創館からのお知らせ、GVH OSAKAについて、各プロジェクトについて発表、記念撮影、アンケート回答、交流会

大阪産業創造館よりお知らせ

大阪市イノベーション人材の育成・流動化促進事業(委託者:大阪市)平成30年度~
https://www.sansokan.jp/innv-jinzai/

大阪府プロフェッショナル人材戦略拠
http://www.projinzai.osaka.jp/

大阪産業創造館 経営相談室
https://www.sansokan.jp/akinai/

是非ご活用ください!

会場提供いただいたGVH OSAKAについて

Xin Suzukiさんに施設紹介をしていただきました。(サイトの動画にもSuzukiさんが登場されています!)

GVH OSAKAとは起業家たちが出会い、ともに成長し、 国境を越えて事業展開することができる場、 GVH(グローバルベンチャーハビタット)Osaka。 オープンで互いに刺激しあうことのできる環境と、一緒に頑張れる仲間、 頼りになるメンターのコミュニティがあります。
グランフロントの一番奥にあるタワーC棟にある「大阪梅田のスタートアップ支援施設」詳しくはHPをご覧ください。
https://gvh-osaka.com/

コワーキングフォーラム関西2020プロジェクトについて

【開催決定しました!!】

2020年2月7日(金)13:00~18:30

コワーキングフォーラム関西2020

開催地:大阪イノベーションハブ

開催目的:関西のコワーキングスペース・シェアオフィス・インキュベーション施設運営者と協力企業が連携し、起業やパラレルキャリア・企業人のテレワークなど、「多様な働き方」を紹介することを目的に開催するフォーラムです。 

こういった産官学連携して業界を盛り上げるプロジェクトが実現するまで実に、2年もの月日定例会・交流会を重ね担当者ベースで信頼関係を築いてきた足跡があります。「関西の起業家支援をしたい、関西を盛り上げたい」そんな熱い共通の想いがこの企画を実らせました。集客ページも公開したので、参加登録ぜひよろしくお願いいたします!

【イベント詳細&申込ページ※参加費無料・申込必須】
https://peraichi.com/landing_pages/view/coworkingforum2020

友人・知人・会員さんに告知いただけるよう公開用facebookのイベントページを立ち上げていただきました。

【コワーキングフォーラム関西2020のfacebookイベントページ】
https://www.facebook.com/events/640330319873115/

賛同いただけるたくさんの会社・施設と共催したいと思っています。(facebookの共同主催者設定が可能)
多くの人に参加いただけるよう、シェア・呼びかけのご協力をよろしくお願いいたします!
#コワーキングフォーラム関西2020
#コワーキング関西

コワーキングフォーラム関西2020の企画概要

【当日スケジュールのまとめ】

★会中の登壇者トークや参加者とのディスカッション内容はグラフィック・ファシリテーター奥野 美里さんのご協力のもとライブでグラフィックレコーディングされます!

12:30-13:00
受付

【1】13:00-13:15————————————————————–

関西Beyond the Community代表挨拶・趣旨説明

【2】13:15-15:00————————————————————–

コワーキング物語(京都、大阪、兵庫)

30分:パネル&トークセッション
・コワーキングの起こり、過去から現在までの軌跡
・コワーキング(プロジェクトベースの働き方)とは
・ユーザー目線の使い方事例

40分:パネルディスカッション
起業創業、アクセラレータ/グローバルとローカル/都会と地方/
組織による利用の存在/コミュニティマネージャー(人の問題)
移働/コワーキングの未来について

20分:質疑応答

15分:休憩タイム&ポストイットに意見を書いてグラフィックレコード用紙に添付

【3】15:00-16:00————————————————————–

コワーキングスペース ユーザ事例発表

15分:ヘビーユーザーの事例:コワーキングスペースの魅力

15分:企業の工夫・子育て中ワーカー事例:なぜコワーキングスペースを働く場に選んでいるのか

15分:元会社勤め人の事例:会社員から独立してフリーランス!ギルドを組んで新しい働き方を実践中

15分:質疑応答

【4】16:00-16:30————————————————————–

テレワーク採用企業の事例

20分:奥畑 大介氏(さくらインターネット)

   「我が社のテレワーク導入ストーリー」
快適なテレワーク解禁のための準備
解禁後の利用ケース
人事的に困ってること       

10分:質疑応答&参加者にもヒアリング

【5】16:40-17:30————————————————————–

グループディスカッション「私」のコワーキング活用

インプットを受けて、ご自身の働き方や場の活用を想像し、活用シーンを参加者と共有

15分:「私」はコワーキングスペース等をどう使いたいか?使っているか?

15分:「未来」は…こんなコワーキングや働き方があればいいのに!

【6】17:30-18:30————————————————————–

ネットワーキングタイム

「2020年関西コワーキング界はどうなの?」 関西コワーキングオーナー・運営者さんのお話を聞こう!

関西のコワーキングスペースカオスマップや特徴をまとめた分布図などの展示や、各施設の紹介コーナーの前でどんどん話し、交流しましょう!施設運営者と話したり、企業の新規事業担当者と話したり、起業家やパラレルキャリア実践家と話したり・・・!新しい出会いと発見が見つかるに違いありません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★★運営メンバー・協賛施設担当者一同、皆さまとお話できることを心から楽しみにしております

初めての方、お一人の方、ちょっと人見知りの方・・・ご心配には及びません。私たち人と人・ビジネスを結び付けるプロが明るく、楽しく、優しく、ご案内、コーディネートさせていただきます。フォーラムといっても堅苦しい会ではございません。[共に]創り上げていく、あたたかく、そしてわくわくする、そんな場です。ラフな格好・気持ちでご来場ください^^名刺とボールペンをお忘れなく‼

コワーキングチケット@関西プロジェクトについて

多くの人にシェアオフィス、コワーキングスペースを知ってもらい、活用してもらいたいという思いで関西29施設の協力のもとで実現した企画「コワーキングチケット@関西2020」の販売も決定しました。民間のコワーキングだけでなく、公的機関のインキュベーションも一緒になった取り組みは、世界を見渡してもなかなかありません。この機会に多くの施設を体験し、色んな支援サービスがあることを知って、さまざまな人と交流してみてください。

3,000円で関西中のコワーキングスペース29施設をそれぞれ1日体験利用できる「7万円相当」の利用券「コワーキングチケット@関西2020」は、下記のスペースの利用券がセットになっています。利用期限中に各スペース1回のご利用ができます。

■チケット有効期間:2020年2月10日(月)~2020年5月31日(日)
■詳細&チケットの購入:https://peraichi.com/landing_pages/view/coworkingticket2020

■発売価格
1.チケット(早割) :¥2,000 税抜き
2.チケット(通常) :¥3,000 税抜き

■発売期間
1.チケット(早割):2020年1月14日(火)~2月9日(日)まで
2.チケット(通常) :2020年2月10日(月)~5月31日(日)まで

【コワーキングチケット@関西のfacebookイベントページ】
https://www.facebook.com/events/522730881615954/

賛同いただけるたくさんの会社・施設と共催したいと思っています。(facebookの共同主催者設定が可能)
多くの人に参加いただけるよう、シェア・呼びかけのご協力をよろしくお願いいたします!

コワーキングチケットでドロップイン利用できるスペース
The DECK
Busico.
katanaオフィス淀屋橋
katanaオフィス大阪谷町
ソフト産業プラザTEQS
KANDAI MeRISE 倶楽部
コクリワーク
コワーキングスペースSHINCRU
ACTBE horie
カフーツ
コモンルーム梅田
コモンルーム中津
Office Campus
わくらく
billage OSAKA
kiiiya Honmachi
S-Cube
ファブラボ北加賀屋
fabbit global-gateway-osakahonmachi
co-ba 中之島
Umidass
コーボックス
ヨリドコワーキン
nowhere
コワーキングスペース往来
RYO-ZAN-PAK
オギャーズ梅田
ZONE
GROVING BASE

#コワチケ2020

第8回KBTC参加者の様子

最初は「参加者全員で意見交換し、創り上げる」という意味を込めてコワーキングアンカンファレンスというイベント名で話していましたが、馴染みがないため敷居を高くしてしまう印象が強く、いそろいろ議論した結果「コワーキングフォーラム関西2020」に決定しました。実はこの「コワーキングフォーラム」というイベント名で10年ほど前から、大先輩方が関西各地で開催されていた足跡があります。奇しくもその流れを汲みつつ、10年経った2020年に、さらに時代に合わせてバージョンアップしたコンテンツでお届けできる形になりました。

過去のコワーキングフォーラムの情報まとめ(カフーツの伊藤さん提供)

★コワーキング・フォーラム関西2011開催のページ
http://cahootz.jp/?p=733

当日の結果報告↓
もう、そこにあって、始まっている~コワーキング・フォーラム関西2011に寄せて~
http://cahootz.jp/?p=779

参加者のブログ↓
「コワーキング」大集会が神戸で–新しい働き方が全国で話題 – CNET Japan
https://japan.cnet.com/article/35012448/

★コワーキング・フォーラム関西2012開催のページ
https://www.facebook.com/cfkansai2012

JUSOCoworkingの深澤さんがプレゼンしたスライド↓
コワーキング・フォーラム関西 2012 スライド
https://www.slideshare.net/indigoworks/2012-15239873

★コワーキングフェス2013 in 京都 – connpass
https://connpass.com/event/4051/

そして・・・!
★2020年私たちがコワーキングフォーラム関西2020をやります!
https://peraichi.com/landing_pages/view/coworkingforum2020

第8回KBTC参加者一覧

長川 勝勇(大阪イノベーションハブ)
森澤 友和(The DECK)
Xin Suzuki(GVH OSAKA)
秦 博雅 (Umidass)
細野 耕平(katanaオフィス淀屋橋)
青木 永一(ベルロジック株式会社)
明田 豊広・齋藤 考宏(大阪産業創造館)
新井 雅也(株式会社DNPコミュニケーションデザイン)
板倉 康裕・原田 真愛・増田 たくみ(大阪デザイン振興プラザ(ODP))
稲田 大・荒木 星(コクリワーク)
三宅 真一(株式会社ビーハイブ)
時任 啓佑・中山 雄治(OBPアカデミア)
城貝 忠仁(evawat)
竹下 龍之介(コモンルーム中津)
中野 裕士(katanaオフィス谷町)
玉城 栄太郎 (ACTBE horie)
吉永 亮・正田 耕生(RYO-ZAN-PAK)
三根 早苗(わくらく)
向井 布弥(Busico.)
山中 誠(TEQS)
藤田 ウステュネル ギュネシ(株式会社Humony)
甲斐 莉枝子(KANDAI MeRISE倶楽部)
津田 知華子(GVH#5)
小川 彩美(Ayaminglish)
渋谷 世子 ・朴・松本 健吾(billage OSAKA)
小林 竜馬 (kiiiya honmachi)
松川 哲也(wonderlust)

第7回関西Beyond the Community開催レポート

2019年8月27日

2019年8月27 日に開催した第7回目の会も皆様のおかげをもちまして大盛況となりました。「任意団体KBTCとしての意思決定の仕組み発表」と4つのプロジェクトについてグループディスカッションを行いました。参加者は36名でした。本イベントは、公的機関や大学のご関係者様、関西を拠点にしたコワーキングスペース等を運営されているオーナー様・ご担当者様が一堂に集まり、情報交換をし、課題を共に考え、発信し、新しいアイデアで起業家(利用者)を支えるコンテンツを創出することを目的に開催しています。

Beyond the Community・・・いったん自らのコミュニティや企業概念をブレイクスルーして再構築・新結合という意味を含みながら「コミュニティの垣根を越えて連携する」というメッセージが込められた任意団体名

(1)有機的なコミュニケーション (2)治外法権的フィジビリ  (3)セミクローズドな関係
をコンセプトに、それぞれ違う機関・企業で同じ立場に置かれている同士がセッションを通して、新しいプロジェクトや連携のあり方を模索し、価値を生み出していくコミュニティです。

■本コミュニティイベント概要
①各機関・各社それぞれの情報共有・課題提起→課題解決
②ここでつながってプロジェクト化
③起業を志す人や、利用者を支援する連携を作る
 施設利用者の役に立ち、利用者を増やす(パイを取り合うのではなくパイを広げる活動を行う)

■第7回イベント詳細
・日時→2019年8月27日(火)本会は17:00~19:30
・会場→ソフト産業プラザTEQS(住所:住之江区南港北2-1-10 ATCビルITM棟 6階 最寄駅:トレードセンター前駅)
・テーマ→「任意団体KBTCとしての意思決定の仕組み発表」
~代表、副代表、プロジェクトリーダー、サブリーダー、実行メンバー~
各プロジェクトについてブレスト&発表、記念撮影、アンケート回答、交流会
・前イベント→周辺コワーキングスペース見学会を16:00~17:00に実施

8月27日は任意団体KBTC発足記念日‼

セミクローズドでふんわりと活動していた私たち「関西Beyond the Community」は「任意団体」として、ほんの少しだけ組織としての枠組みを決めました。定例会とfacebookグループが連絡手段でしたが、そのメンバーも88人を超えるまでに増えたことで、全員にヒアリングや承認をいただき物事を進めることが難しくなったからです。発起人はBusico.の向井ですが、もろもろ事情があり代表を務めることが難しい状況だったことで、初期から一緒に立ち上げにご尽力いただいておりましたThe DECK代表の森澤友和さんに代表就任いただきました。また副代表にはOBPアカデミアの時任啓佑さんが就任いただける形に整いました。お二人とも期限付きで、役回りは適宜交代をしながらコミュニティメンバーが盛り上げる形でこの活動を続けていきましょうということになりました。

4つのプロジェクトが立ち上がりました

任意団体という形を整えたことで、コミュニティメンバー各自が本当にやりたいことについて協業連携できる体制が整いました。今後「実行」はプロジェクト単位で行います。プロジェクトにはプロジェクトリーダーとサブリーダー、実行メンバー数人を置き、コアメンバーとして意思決定をします。代表・副代表は各プロジェクトをサポートする形で連携をとります。プロジェクトに賛同いただける方は参画施設・参画メンバーとなり、意思決定に従い、また意見やフィードバックを行いながら確実に「コト」を関西で起こしていきます。小さくてもゆっくりでもいいので、まずは協業・連携の実績を積み上げていくことを目標にこの形で始動します。

プロジェクト1.コワーキングツアー勉強会

プロジェクトリーダー:時任 啓佑
サブリーダー:山中 誠・甲斐 莉枝子
対象:コワーキングスペース運営者やコミュニティマネージャー・これから運営予定の方
内容:2~3カ月の1回関西の気になるコワーキングスペースに集まって勉強会を開く

↑どんな内容を話し合いたいかをディスカッションしました

プロジェクト2.コワーキングアンカンファレンス@関西

プロジェクトリーダー:向井 布弥
サブリーダー:細野 耕平・城貝 忠仁
対象:一般市民(コワーキングという働き方や場やコミュニティに関心がある方)
内容:イベント開催(2020/2/7にOIHで開催決定!)
※アンカンファレンスとは:空白の状態のタイムテーブルを作っておき、当日参加者の発案によりそのタイムテーブルを埋め、そのタイムテーブルに従って議論する。参加者主体の議論方法。

↑過去に行われたコワーキングフォーラムやフェス、カンファレンスの事例をふまえて今の時代にあった形にアップデートしたらどんな内容になるかをディスカッションしました

プロジェクト2.5.コワーキングチケット@関西

プロジェクトリーダー:向井 布弥
サブリーダー:細野 耕平・城貝 忠仁
対象:一般市民(コワーキングという働き方や場やコミュニティに関心がある方)
内容:参画コワーキングスペース施設n数をキャンペーン期間内であれば1日体験できるチケット。温泉地にある湯めぐり札の要領で利用可能。札ではなくQRコード提示で利用可能になる。チケットはWeb申込・クレジットカード決済で誰でも購入可能。

↑どんな設定にすれば利用者が喜んで使ってくれるかをディスカッションしました

プロジェクト3.施設間交流

プロジェクトリーダー:崔 禎秀
サブリーダー:手嶋 耕平
対象:施設利用者・会員(コワーキングスペース・シェアオフィス・レンタルオフィス・インキュベーション施設)
内容:3施設の会員同士の交流会、講師シェアなど

↑どんな交流会にするか、どんな工夫が必要か、参加者の求めているものは何かをディスカッションしました

交流会の様子

↑かんぱ~い

↑2次会はなんと運よくカフェ&バーを貸し切りで!森澤さん代表になっていただきありがとうございますの乾杯!

↑2次会それはそれはディープな顔ぶれでディープな内容でした

南港にあるコワーキングスペース・インキュベーション施設見学ツアー

TEQS:大阪市が設置する先端技術を活用したビジネスのサポート拠点見学

↑セミナールーム

↑コワーキングスペース

↑窓から南港が見えます!(あいにくの天気でしたが・・・)

↑実証実験をされている入居さんが使われるお部屋がたくさん。毎月さまざまなセミナーが開催されています

↑3Dプリンターなどのファブ機材もあり、作品が展示されているお部屋

↑書籍コーナーやPCコーナーがあり誰でも自由に無料で利用できる展示室

IATC:日本のものづくりを支える自動化支援と人材育成拠点見学

日本のものづくりを支える自動化支援と人材育成拠点!それがIATC。
IATCは、ITとものづくりの両方に精通した技術者、生産ラインの自動化(FA)のプロフェッショナル人材の育成に取り組むと共に、最新技術の展示、研究会・セミナー等によるFA関連情報発信、FA関連企業・人材等による交流、現場ニーズの情報収集などをワンストップで行う事ができるIndustrial Automationの拠点です。

これから世に出るロボット研究ばかりだったので写真NGの箇所が多かったですがなんだかすごい感じ

↑ちょうど実証実験中の学生さんに出会い、ロボットを動かすところを見せていただきました!自動で商品を箱に梱包してくれるロボット!人間みたいに器用にアームを動かしていました

ODP:大阪のクリエイターの独立・創業を支援するインキュベーション施設見学

独立開業、事務所開設、取引先開拓、自己発信、イベント開催など、独立したクリエイターにとって、事業活動は新たな動きと決断の連続。そんなクリエイターの毎日の「新たな一歩」を応援してくれるインキュベーション施設がODPです。クリエイター向けオフィスの設置や、セミナーなどの各種イベント、入所企業同士のコミュニケーションの場、そして複合型商業施設であるATCとのコラボで、様々な自己発信の機会を提供されています。ODPは大阪で活動するデザイナー、クリエイターをより多く輩出し、大阪の経済発展に貢献することが目的の行政機関です。

↑クリエイター向け書籍が豊富な作業場も提供されています

↑作品を展示できる広いスペースや

↑フォーラムが開催できそうな広い会場

↑もしかしたら室内運動会も開催できるかもしれない広さですが、破格の値段で借りることができます!

↑入居者さんが利用されるコワーキングスペース・打ち合わせブース・ファブスペースがありました

Robo&Peace:未来&先端テクノロジーの体験施設見学

Robo&Peaceは、「”テクノロジーがつくるPeaceな未来”について一緒に考える」をテーマにした未来&先端テクノロジーの体験施設です。「体験展示」と「ワークショップ」を通して、テクノロジーを”みて” “ふれて” “まなんで”いただけ、今後、社会的な課題に対してどのようなテクノロジーが必要になるかなど、子どもの創造力を刺激するコンテンツを提供されています。

↑ロボットをはじめ、教育アプリなど先端テクノロジーを活用した製品やサービスがズラリと展示され、自由に最新のテクノロジーを体験することができます!とご案内いただきました

↑瞬きしたり鳴いて甘えてくるゴマアザラシロボットに癒される女性コミュニティ・マネージャーたち

↑しりとりしたりカルタをしてくれるSOTAくん

↑いろんな色がいました

参加施設紹介・参加者は36名でした

TEQS
The DECK
OBPアカデミア
ベルロジック株式会社
コモンルーム中津
大阪デザイン振興プラザ(ODP)
コクリワーク
コワーキングスペースSHINCRU
KANDAI MeRISE 倶楽部
evawat
kiiiya honmachi
GVH OSAKA
さかい起業ラボ
アジア太平洋トレードセンター株式会社
ACTBE horie
katanaオフィス 淀屋橋
katanaオフィス 谷町
billage OSAKA
わくらく
OFFICE CAMPUS
GVH#5
JUSO Coworking
阪急阪神電鉄
リクルート
DNPコミュニケーション
オフィスナビ
Busico.

第6回関西Beyond the Community開催レポート

2019年4月10日

2019年4月10 日に開催した第5回目の会も大盛況となりました。「コワーキングスペースってどうなっていくのが理想か&その上でのどんな連携がありえるか」についてグラフィックファシリテーションを用いてたくさんのアイデアが話し合われました。参加者は23名でした。第6回目は堺筋本町駅直結のTheDECKさんで開催となりました!TheDECKさんはモノづくりができるファブスペースがあり、また国際色豊かなコワーキングスペースで有名です。

本イベントは、公的機関や大学のご関係者様、関西を拠点にしたコワーキングスペース等を運営されているオーナー様・ご担当者様が一堂に集まり、情報交換をし、課題を共に考え、発信し、新しいアイデアで起業家(利用者)を支えるコンテンツを創出することを目的に開催しています。

Beyond the Community・・・いったん自らのコミュニティや企業概念をブレイクスルーして再構築・新結合という意味を含みながら「コミュニティの垣根を越えて」というメッセージが込められたコミュニティ名
(1)有機的なコミュニケーション (2)治外法権的フィジビリ (3)セミクローズドな関係
をコンセプトに、それぞれ違う機関・企業で同じ立場に置かれている同士がセッションを通して、新しいプロジェクトや連携のあり方を模索し、価値を生み出していく場所にする
■本コミュニティイベント概要
①各機関・各社それぞれの情報共有・課題提起→課題解決
②ここでつながってプロジェクト化
③起業を志す人や、スモールビジネスを支援する連携を作る
 施設利用者の役に立ち、利用者を増やす(パイを取り合うのではなくパイを広げる活動を行う)

■第6回イベント詳細
・日時→2019年7月3日(水)19:00~21:00
・会場→The DECK(住所:大阪市中央区南本町2-1-1 1F)
・テーマ→「なぜコワーキングスペースは必要なのか」
     ~どういう期待をされているのか・どういう認識をされているのかを確認する~
・アンケート結果発表、記念撮影、大交流会、コワーキングサミット実行委員会募集

イベント共催TheDECKさんの施設紹介

ご紹介いただいたのはThe DECKの代表 森澤友和氏。国際的に活躍され、先日のG20のサミットでも英語でプレゼンをされるなど、多岐に渡る活躍をされています。”Make it Happen”のスローガンを掲げ、再始動されたTheDECKの目指すところについて、具体的な取り組みを含めお話いただきました。TheDECKは、デスクワークやミーティング、会議室はもちろん、2階にはレンタルオフィスも併設。1階のコワーキングスペースでは3Dプリンタやレーザーカッターなどファブ機器を使ったプロトタイプ製作などができます。ハッカソンや勉強会アートイベント、たこ焼きナイトといった個性的な交流会など、イベントも盛ん。誰もが気軽に「やってみたいことができる」そんなコワーキングスペースです。

スポンサーをしている協賛企業の従業員さんも普段オフィスとして使われているので、企業との交流が生まれやすい環境が整っていることも魅力のひとつ。今後はますます、企業と利用者との相互マッチングや、協業機会の提供をされるとのことです。

TheDECKユーザー松川さんから世界のコワーキングスペース事情など紹介

TheDECKユーザーでもあるワンダーラストの松川哲也氏は、海外のコワーキングスペースやコミュニティ事情にも精通しておられ、インドで開催された世界コワーキングアンカンファレンスにも参加されました。海外事情の共有や、ずっと研究を続けてこられたコミュニティの分類など、学問的にまとめられた考えも共有いただくことができました。

一般市民369人に聞いた!アンケート結果発表

コワーキングスペース認知度調査(アンケート結果・共有用).pdf

↑PDFをクリックするとアンケート結果データが見れます

アンケート回収途中では「コワーキングスペースを利用したことがない」人と「ある」人の割合が半分ずつだったのですが、後半にかけて、各コワーキングスペースオーナーや担当者の皆様が自社オフィスの利用者さんにも声をかけてくださったことで、「ある」のご回答率がぐんとあがったものの、詳細を見ていけばまだまだ利用目的が「作業場として」というものが目立ち、コワーキングスペースならではの「協業や連携」「出会いや繋がり」「人脈形成」などの関連する目的は少ないように見受けられました。また、「ある」と回答した方の中には「事業主」の割合が高かったものの、「ない」と答えたかたの多くは「会社員」である実態が見えてきました。

ここから推測されることは、個人事業主やフリーランスの方の多くはどこかのシェアオフィスやコワーキングスペースに所属されている率が高いが、会社員の多くはまだコワーキングスペースの存在を聞いたことが無い層や、知っているが活用したことが無い層が多くあるということです。今後は企業で働く人も個人で働く人も垣根を越えて、同じ空間でお仕事をし、作業仲間から協業連携できる仲間になるといいなと思います。その”場”づくり、地域のハブとしての機能の一端をコワーキングスペースやシェアオフェスが担うことができると考えています。

以下の画像はイベント参加者で5グループに分かれ、ブレーンストーミングをした後、アイデア出しをした結果をまとめたものです。一般市民の皆様の率直なご意見集を手元に、あれこれ工夫はできないか、我々がどう連携すれば利用者の皆様の利便性が上がり役立つのかを話し合いました。

参加施設紹介・参加者は31名でした

Human Hub Japan
Kiiiya honmashi
GVH OSAKA
コワーキング協同・カフーツ
株式会社アクトビ Actobi horie
GVH#5
リクリ-堂島
katanaオフィス淀屋橋 
わくらくコワーキングスペース
JUSO Coworking
友安製作所
billageOSAKA
公益財団法人大阪産業局 TEQS
SHINCRU
コクリワーク
関西大学 KANDAI MeRise倶楽部
The DECK 会員
フリーランス協会
大阪産業創造館 立志庵 
大阪産業創造館 創業支援チーム
The DECK
OBPアカデミア
Busico.

第5回関西Beyond the Community開催レポート

2019年1月29日

2019年1月29 日に開催した第4回目の会も大盛況となりました。テーマ「新年会も兼ねてちょっとオープンにしてみよう!会員さん自慢大交流会」の通り、多くの方にご参加いただき総勢41名となり過去最高人数でした。第5回目の会は京橋にあるOBP本イベントさんに共催いただき会場提供をはじめ、企画から運営まで携わっていただき、開催することができました。本イベントは、公的機関や大学のご関係者様、関西を拠点にしたコワーキングスペース等を運営されているオーナー様・ご担当者様が一堂に集まり、情報交換をし、課題を共に考え、発信し、新しいアイデアで起業家(利用者)を支えるコンテンツを創出することを目的に開催しています。

振り返りとなりますが、関西Beyond the Communityはコワーキングスペースやインキュベーション領域の担当者・関係者コミュニティです。
(1)有機的なコミュニケーション
(2)治外法権的フィジビリ
(3)セミクローズドな関係
をコンセプトに、それぞれ違う機関・企業で同じ立場に置かれている同士がセッションを通して、新しいプロジェクトや連携のあり方を模索し、価値を生み出していくことを目的に活動をしています。

■イベント概要
①各機関・各社それぞれの情報共有・課題提起→課題解決
②ここでつながってプロジェクト化
③起業を志す人や、スモールビジネスを支援する連携を作る
 また連携を通して業界のパイを大きくする

■第5回イベント詳細
・日 時→2019年4月10日(水)19:00~21:30
・会 場→OBPアカデミア(住所:大阪府大阪市中央区 城見2-1-61 ツイン21 MIDタワー9階)
・テーマ→各コワーキングスペースの理想像のシェアと連携による可能性を模索する
1)各自の運営するスペースの理想像を考える
 運営者でない方は、どんなことが実現できるコワーキングスペースがあれば理想的か
2)それを実現するためにどのような連携や協力関係がありえるか
 結果のシェア、記念撮影、大交流会

イベント共催OBPアカデミアさんの施設紹介

ご紹介いただいたのはOBPアカデミアを運営している株式会社まなれぼの時任 啓佑氏。
OBPビジネスエリアのイメージアップミッションを背景にOBPアカデミアができた話や、会員制施設を主軸にイベントを展開し賑わいを創出する様々な活動事例の詳細を伺うことができました。特に日本一すごいところがイベントの企画・実行力です。

2015年10月オープン以降、館内で合計約3200回のイベントを実施されたそうです。年間1000以上の開催を実現する施設は他に例を見ないそうで、10名から50名程度の小から中規模のイベントを多彩なジャンルで継続して行うことで、多様な属性の方々が集まり、施設として学びと交流の起点の機能を果たしているとのこと。理想は描けても、いざ実行するとなるととんでもなく大変なことですから、この量の人と企画を滞りなく毎月運営されていることに、一同脱帽し尊敬の眼差しと盛大な拍手をおくりました。

理想像を考える_ダイアローグタイム

↑参加者に事前準備の宿題シートを書いてきていただきました

そのシートをもとに、各施設や機関の「コンセプト」「やりたいこと」「やめたいこと」「続けたいこと」「欲しいリソース」などを発表。グラフィックファシリテーターの奥野氏がさくさくと模造紙にまとめあげてくださいました。参加者のほとんどがグラフィックファシリテーションでの進行が初めての体験でした。ダイアローグタイムでは、他の人の発表時に思った自分の考えや意見を付箋に書き、どんどん模造紙に貼っていきます。その模造紙の前に立ち、「よく聴き」「乗っかり」「否定しない」を心得とし、どんどん対話を進めます。そして対話の内容もその場で付箋に書いて模造紙に貼ります。お酒を飲んだり、食事をしたり、わいわい盛り上がって対話を深める中で「あ。これいいね。ぜひ一緒に取り組みたいです」といった方向が見えてきます。

ハ―ベストタイム

収穫の時”ハーベストタイム”では、グラフィックファシリテーターの奥野氏が見事に世界観をまとめ絵やメッセージとして模造紙の中に表現してくださいました。

このように、考えをグラフィックにまとめていただくことで、一目で考えがわかり、場に共有することができます。さまざまなアイデアがでました。これを受け、関西Beyond the Communityメンバー同士、具体的な協業の方向性が見えてきた様に思います。

参加施設紹介・参加者は23名でした

大阪大学 イベント「つくろか!」 
一般財団法人 大阪国際経済振興センター 
公益財団法人大阪産業局 TEQS   
富士通株式会社サービステクノロジー本部フィールド支援統括部PLY OSAKA
The DECK
katanaオフィス淀屋橋
katanaオフィス谷町
阪急阪神不動産株式会社 GVH#5
わくらく
オギャーズ 
OFFICE CAMPUS
billageOSAKA    
コモンルーム中津   
OBPアカデミア 
合同会社 エヴァワット
Busico.

■協力
グラフィックファシリテーター :奥野 美里氏